外国為替市場とFX

オンラインカジノ戦略方法


isdfuejw FXは通貨を銘柄にした金融商品で、その投資取引の行為は、外国為替市場と密接な関係にあります。
外国為替市場という名前にはあまり聞き覚えがないかもしれませんが、テレビのニュース番組などで、「東京為替市場の今日の値動きをお伝えします」というような口上から為替レートの情報がもたらされることがるので、東京為替市場の事を知っているという人は多いと思います。

為替市場では世界中の国や地域で使われている通貨を取り扱っており、それぞれに違う通貨の価値を調整して相場を形成しています。
このことから外国為替市場は、世界に点在しており、また、その市場自体もいわゆる青物市場や魚市場のように定められた場所があるわけでなく、インターネットなどの通信回線を介して概念的に存在をしているものになります。

この外国為替市場は、朝に開場し夕方に閉場するのですが、世界中の為替市場がリレーのようにその値動きを引き継ぐために、平日であれば24時間いつでも市場が開いています。
したがって、この外国為替市場を舞台に取引きを行っているFXと通貨を銘柄にしたバイナリーオプションは24時間いつでも取り引きが行えることになっているのです。

おおよその日本時間に合わせて、一日の為替市場の移り変わりを追いかけていくと、まずは月曜日の朝の午前五時ごろに、オセアニア地域にあるニュージーランドのウェリントン市場で取り引きが開始されます。その後、アジア地域である東京市場や香港市場に引き継がれ、午後の5時ごろ辺りにヨーロッパ地域のドイツ市場やロンドン市場に移り、最後はアメリカ市場へと連携して、火曜日の朝のウェリントン市場へとまたつながっていく形になっています。

この中で、東京市場、ロンドン市場、アメリカ市場は「世界三大市場」と呼ばれており、それぞれに特色があります。

その日の一番初めに存在する東京市場は、取引きの初めになる事が多く、前日の取引きの決済注文や、今日の取引きの新規注文などが集中して、相場が活発になる傾向があり、その後は落ち着いた流れになるのが特徴になります。

ロンドン市場では、東京市場の流れを引き継いでいく形なのですが、ロンドン市場が開くころには各国の投資家たちが、続々と取引きの仕掛けなどを始める時間帯であるため、相場の変動が大きいことで知られており、投資家心理などから経済情勢の影響を受けやすいという特徴があります。

その後、このロンドン市場の後半と重なるようにニューヨーク市場の取引が始まりますが、この二つの巨大市場が重なる時間帯を「ゴールデンタイム」と呼んでおり、一日で一番に為替相場の動きが活発になります。
この為替レートの変動は、当然通貨で行っている取引きにも影響を及ぼしますので、株、金、鉱石、原油、農作物などの取引きの相場にも影響を及ぼします。

このように、24時間開いている市場にも、時間帯によって様々な特徴があるため、FX取引きではこうした事も念頭に置いて、投資取引の予測を立てていく必要があるのです。